ニュース

【名古屋FⅠ最終日12R】山田久 動き光る

 山田久は準決10Rで果敢に先行して、末良く押し切り優出を決めた。長い距離を踏めることを改めて見せて、総合力の高さを証明してみせた。直前の高松宮記念杯でも2勝の活躍と近況は軽快な動きが光っている。「体の調子は良く、高松宮記念杯からフレームを換えて前に進んでいる」と前回からフレーム交換が奏功しているようで、キレ味鋭い動きが光っている。12R決勝は単騎戦となったが、組み立てのうまさはトップクラス。好調だけに中団以内を確保できれば、シャープなタテ脚を発揮してV奪取も十分可能だ。