ニュース

【名古屋FI2日目10R】園田 軌道修正だ

 S級初日特選は打鐘を目がけての攻防時に吉田敏洋と鈴木が接触。そのあおりを受けて落車した松岡貴久に不破将登、三谷将太が次々と乗り上げるアクシデント。2着入線の吉田は斜行失格。結果、3番手から直線伸び切った鈴木と愛知勢の中を割った諸橋による関東ワンツー決着に。悔しい表情を浮かべたのは園田だ。最終バック5番手にいたが「仕掛けられなかったし、最後もコースを間違えた。こういう部分が最近の成績に出ている」。気合を入れ直して準決10Rに臨む。