ニュース

【和歌山GⅢ初日11R】東口 初日から勝負

 和歌山記念ディフェンディングチャンピオンの東口だが予選からのスタート。「それは仕方ないですね。初戦から勝負のつもりで気を引き締めて走りたい。ただ、(昨年の優勝で)プレッシャーはなくなりました。一戦一戦頑張って、地元のみんなと盛り上げたいですね」と話した。

 

 予選メインの11Rは南と地元強力タッグを形成。「小倉競輪祭でも連係しました。強いですからね」と南を全面的に信頼だ。自身の体調も悪くはなく、快速・南を目標に番手戦から抜け出すか。