ニュース

【和歌山GI3日目11R】岩本―鈴木で勝負

 昨11Rの青龍賞は南関勢の独壇場に。

 

 郡司が残り2周で前受けの新田を切り、その上を岩本が打鐘目がけてスパート。4番手を確保した平原がバックで仕掛けるも、それを察知した鈴木が番手捲りでしっかり合わせ、最後は和田健がチョイ差し。3着にも郡司が入り上位独占となった。

 

 鈴木は「本当にありがたい。いつか自分が前で頑張る日が来るといいんだけど…。岩本君は頑固ですからね」とキック(鈴木)節で岩本の奮闘に感謝。いずれ現状ではこの並びが適材適所。

 

 準決11Rも岩本―鈴木の並びで鉄壁の北日本に挑む。