ニュース

【大垣FI最終日11R】矢野 復活の兆し

 矢野昌彦が準決10Rで力強く先行して、久々の優出を決めた。「先行して勝ち上がれたのは自分の中では大きい。ようやくスタートラインに立てた」。近年はケガと体調不良で思ったように走れず歯がゆい思いをしてきただけに、込み上げる気持ちは大きい。近況は走るごとにパフォーマンスの精度が上がっていた直後の優出だ。先行捲りで長年戦い続ける関東の苦労人が、復活の兆しを見せている。決勝は南関勢の援護を受けて馬力を発揮する。