ニュース

【大垣GⅡウィナーズC】検車場から(23日)

 23日11・15 2R、単騎の佐々木がまくって快勝。「高松宮記念杯(岸和田)の出場が懸かっているので1着を獲れて良かった。最終日も1着狙って」と気合を入れ直す。
 11・45 3R、小嶋が最終2センターで窓場を押し上げて失格。「このパターンでの失格は人生初めて」と苦笑い。
 12・20 児玉は「グランプリ女王の意地を見せたい。練習の成果を出せれば十分Vはある」と、ガールズコレクション制覇へ自信を見せた。
 13・25 6R、南が逃げ切って今節2勝目を挙げた。「(状態は)だいぶ戻ってきているし、落ち着いて走れましたね」と手応えをつかんだ様子。
 15・30 10R、太田目標から抜け出した松浦は「自分のやれる最大限のことは(太田と)ワンツーを決めること。残せなかったので、そこはしっかり反省して」と勝ってかぶとの緒を締めた。
 16・05 11Rで第1回覇者の郡司が優出を決めた。「相性がいい大会。1着は明日に取っておく」と見据える先はVのみ。
 16・10 同じく11R、中川をさばいてまくった鈴木竜は見せ場をつくるも惨敗。「あの展開で勝ち上がれないということは、まだ決勝は早かったのかな…」と淡々と振り返った。
 16・55 12R、山崎が内を鋭く伸びて脇本を破る大金星。「1着を獲られるのは悔しいので、何か変わったことをしたかった」と一矢報いた。