ニュース

【大宮FⅠ初日11R】神山 鈴木と上位独占を

 大宮初日11R特選の神山は1月大宮記念を制した。決勝は矢野昌彦―平原康多の3番手から平原のまくりに乗って鋭く伸びて優勝を飾ったが、その後はイマイチの成績。「脚には問題はないが展開が…。ふと気付くと8、9番手ばかり。仕事をする余裕もないよ」と振り返る。記念を制したばかりだが「バンク相性?まあまあいい方かな」と控えめだった。ここは力のある鈴木の番手回りと絶好のポジション。「しっかり付いていって上位独占を狙えるように」と力を入れていた。