ニュース

【大宮FⅠ最終日11R】柳詰 今度は杉森の番手から差す

 大宮準決9Rで1着の柳詰。S級に上がったばかりの古川が果敢に風を切り番手有利に抜け出した。「先輩の古川さんが新人みたいなレースをしてくれて。誰かまくってくると準備はしていたが掛かっていた。九州の自力型に任せてこんな楽な展開になることはそうそうない」と初連係の古川の頑張りに感謝しきり。決勝は悩んだ末に杉森の番手を選択。「もちろん初めて。GⅠとかの走りを見て強さは分かっている。前々回の久留米からギアを3・93にしてゴール前で踏める感触が出てきた」。決勝(11R)でも鋭い差し脚を発揮する。