ニュース&記者コラム

【奈良FⅠ最終日S級決勝】北井 無敵の先行今年4V

 奈良競輪「青垣賞争覇戦(FⅠ)」は5月14日12Rで決勝戦が行われ、北井佑季(34・神奈川=119期)が突っ張り、そのまま逃げ切りV。3連勝で今年4回目の優勝を飾った。2着はマークの小原太樹。

 A級決勝戦は浮島知稀(23・群馬=123期)がこちらも完全Vを決めた。

 落ち着いた並びは、前から北井佑季-小原太樹、雨谷一樹-武田豊樹、皿屋豊-三谷将太-伊代野貴照。皿屋が上昇して前を切りにいくが、北井は突っ張って出させない。北井が先行態勢で雨谷が3番手。皿屋は再度、仕掛けるが外に浮く。北井のペースが良く、最終バックで雨谷、三谷が踏み込むが伸びを欠く。北井のペースは最後まで落ちない。力強く逃げ切った。

 「小原さんがうまく前を取ってくれたので、あの感じの切り方なら突っ張ろうと。勝ったのはゴールまでわからなかったです」

 終わって見れば北井のワンサイドだった。初日はカマシ、準決勝と決勝は突っ張り先行と、先行有利なバンクで持ち味をフルに出し切った。

 「3日間、力は出せたと思います。ただグレードレースではこうはいかないので」

 視線はもちろんGⅠを含めたビッグレースのVに向いている。25日からは高知全プロ、そして6月11日からは今年2回目のGⅠである岸和田「高松宮記念杯」が待っている。

 「GⅠを獲るのが今年の目標です。宮杯へ向けてもう一回、気持ちを入れ直していきたい」

 超人的と噂される練習量をこなす。さらなるパワーアップを果たして岸和田へ。新たなヒーローの誕生を期待したい。(緒方 泰士)

 ◇北井 佑季(きたい・ゆうき)1990年(平2)1月27日生まれ、神奈川県出身の34歳。119期55位で21年5月デビュー。元Jリーガー。豊富な練習量に裏付けられた強力な先行が武器。通算成績は288戦151勝。1㍍69、78㌔。血液型O。

KEIRINスポニチ ファン必見!
最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、記者コラム、ガールズケイリンなど無料で見られる情報が満載。そのほか、お得なキャンペーンも。

×