ニュース

【奈良FⅠ2日目11R】渡辺 縦横に攻める

 奈良昨8Rは渡辺が金ケ江を突っ張り切っての先行。末脚もしっかり逃げ切った。レース後は「めちゃきつかった。ジャン(鐘)で出したらダメだと思って突っ張りました」。強い気持ちがあったからこその実戦内容といえる。
 
 フレームを換えた前回平塚FⅠ戦は体が反応しなくて564着に敗退。今回は元に戻して参戦した。「レースが早くて感覚的には分からない」とのことだが、戻した効果は出た感じだ。自力主体に幅のある強みがあり、準決(11R)も縦横な攻めで突破を狙う。