ニュース&記者コラム

【奈良GⅢ最終日12R】守沢 手応えあり

 準決10Rは近畿4車が正攻法に構え、後ろ攻めになった新山―守沢の北日本両者は苦しい競走を強いられた。突っ張られた新山がかぶって仕掛け切れず。ピンチの守沢だったが、3半切り込むや最後は中を割って3着でファイナルの切符をつかんだ。

 「突っ張られるのは分かっていた。笠松さんが下りてきて厳しい展開になりました」。それでも「コースがなかったが最後は無理やり突っ込んだ」と執念を見せた。「(準決が)3日間の中で一番良かった」。決勝は「1人にならなくて良かった」と菅田任せから近畿勢に挑む。

KEIRINスポニチ ファン必見!
最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、記者コラム、ガールズケイリンなど無料で見られる情報が満載。そのほか、お得なキャンペーンも。

×