ニュース

【小倉GⅠ競輪祭】検車場から(20日)

 15・08 2日目1Rは吉田拓が3番手まくりで白星ゲット。追走の佐藤慎は「強かった。ガチで抜きにいったけど」と苦笑い。選手紹介から「シンタロー」の大声援が飛んでおり「どこに行っても声援はすごい。ファン投票には結びつかないけど」。
 
16・46 成清が、記者陣に囲まれる堀内の横を通りかかり「顔もいい、競走もいい。あとちょっとだな」。
 
16・53 4R1着の小川が「たまには強いところを見せてもいいでしょ」とおどける。「自分でも仕掛けるつもりだったが、心の中で〝堀内君、行けって〟思ったら、行ってくれた。テレパシーが伝わった」
 
17・41 渡部が6R1着で連勝。ダイヤモンドレース進出が確実となり、モニターで見ていた佐藤慎が「ダイヤモンド哲男!」と叫ぶ。
 
19・24 9R1着の吉岡が記者陣の質問に応じる。「(同県の)松浦さんが作戦を立ててくれたけど、その通りにならなくて…。でも勝てて良かった」
 
20・11 ガールズのアメジスト競走(グループB)決勝進出者の共同インタビューが始まる。トップバッターの梅川が「GPにつながる走りを」と意気込む。
 
20・38 12Rが終了。小林莉が7番手で決勝進出が決まって「奇跡です」と両手を広げて〝セーフ〟のポーズ。
 
20・48 長沢からトパーズ競走(グループA)決勝進出者の共同インタビューが始まる。