ニュース

【小倉GⅠ4日目ダイヤモンドレースVTR】

 落ち着いた並びは前から吉田拓-宿口、古性、浅井、取鳥-山田庸-園田、新田、和田真。残り2周のホームでラインができた取鳥と吉田で踏み合うが取鳥が制し先行態勢になる。打鐘3角から新田が単騎で仕掛けていく。新田は外を踏み続けるが、最終バックで取鳥マークの山田が番手捲りを放ち新田は不発。他に仕掛けてくる選手はいない。直線で山田追走の園田が抜け出し後位にスイッチした古性が2着で山田が3着。