ニュース

【岐阜GⅡ3日目10・11R】青森勢 奮闘中!

新山響平(写真左)と小原佑太

 
 二次予選Bの7Rは青森ワンツー決着。
 
 自動番組により新山の前で戦うことになった小原が「新山さんだけでもと思って駆けたけど、ワンツーが決まってうれしい。岐阜は朝日大学時代に使わせてもらっていたし、特性はなんとなく分かっています。競技人生の中で1番練習したバンクなので」と語れば、新山も「小原君の気持ちが伝わってきた。本当に強くなった。自力より緊張したけど、自力で勝つよりうれしい」と笑顔が絶えない。
 
 準決勝(新山10R、小原11R)も各レースで新生ナショナルチームの脚力を披露だ。