ニュース&記者コラム

【岸和田GⅠ】高松宮記念杯競輪選考基準

 参加選手数は東西各54人で計108人(補欠は東5人、西5人の10人)。選考期間は23年10月から24年3月までの6カ月。開催時S級在籍者から以下の基準で選抜される。

 ①S級S班在籍者
 ②開催時S1過去3回以上優勝した選手
 ③パリオリンピック自転車競技トラック種目代表選手
 ④開催時S1で選手選考対象期間において2カ月以上JCFトラック種目強化指定(A)に所属した選手
 ⑤東西別平均競走得点上位者(同点の場合は選考期間における選考用賞金獲得上位者)

 初日から準決勝までの勝ち上がりは東日本(北日本、関東、南関東)と西日本(中部、近畿、中国、四国、九州)で別々に争う東西対抗戦の形式。決勝で初めて東西の勝ち上がった選手が激突する。


▽男子勝ち上がりルール

 昨年から6日制になり勝ち上がり方式が変更された。

 初日から3日目はトライアル方式、4日目から最終日はトーナメント方式で争われる。トライアル方式の一次予選は東西別で各選手が3日間で2走する。一次予選2は1~3着のポイントが1走目より増えている=上記の表参照。

 東西ごとに2走の合計ポイント順に1~9位が4日目の青龍賞(東日本)、白虎賞(西日本)、10~36位が東日本、西日本の二次予選に振り分けられる。

 昨年のボーダーラインは青龍賞が19点、白虎賞が18点で二次予選は東西ともに10点だった(同点の場合は選考順位上位者から選ばれる)。5日目の準決勝は東西ごとに2個レースで行われ、各1、2着と3着1人が最終日の決勝に進める。

KEIRINスポニチ ファン必見!
最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、記者コラム、ガールズケイリンなど無料で見られる情報が満載。そのほか、お得なキャンペーンも。

×