ニュース

【岸和田GⅠ最終日決勝】ここが敗因

 清水 力負け5着

 
 ゴールデンコンビの松浦―清水が北日本勢をホームで強引に叩き切り、番手の清水には絶好の流れ。鋭く仕掛けた山崎に併せ番手から出たが、勢いのある山崎(4着)に力負けし、5着に敗退。「悔しい。お膳立てしてもらって(優勝を)獲れないのは力不足です」と完敗を認めた。「出脚がなかったし、けっこう(山崎に)締められてきつかった」と敗因を語ったが、悔しさがにじみ出ていた。「今後は上積みがないと苦しい」と次のグレードレースに向け、一層のパワーアップを誓った。
 
 ▼吉田拓矢(2着)4コーナーでもらったと思ったが(宿口)陽一さんが強かった。次は1着を目指す。
 ▼守沢太志(3着)1番スピードをもらってないとこから踏んで伸びた。初日以外は車券に貢献できた。
 ▼山崎賢人(4着)勝負できるタイミングをつくれたし、行けるとこから自信を持って仕掛けたが力不足。
 ▼佐藤慎太郎(6着)松浦がペース踏んでいたんで、あえてヨコに動かなかった。調整方法はつかめた。
 ▼稲川翔(7着)松浦が後ろ攻めでない限り(中国の)後ろと8割決めていた。1人の時に結果を残さないとだめ。全部自分のせい。
 ▼松浦悠士(8着)仕上がりが良くない分、出るのに時間がかかった。4日間、調子が良くないことがなかったんで…。バックも取れないようじゃ情けない。
 ▼小松崎大地(9着)自分がもっと落ち着いて走れれば、違った結果になった。