ニュース

【岸和田GⅠ2日目11R】地元 南 好発進や

 初日3Rで南が地元のトップバッターとして登場。山本伸の捲りを差し切り1着。準決へフリーパスの白虎賞へコマを進めた。
 
 「声援がうれしかった。僕は追走だけをしっかりして抜くことだけを考えて走った」。斡旋停止明けの実践だったが、問題はない。
 
 2日目11R白虎賞は古性、稲川と地元で結束して3番手回り。「与えられた仕事をするだけ」と平常心で挑む。