ニュース

【川崎FⅠ最終日11R】荻原 器用さ発揮だ

 荻原が川崎準決(2日目11R)を気合あふれる走りで突破した。GⅠ3勝の格上・成田に前を任され、逃げた窓場の番手で強気にイン粘りを敢行。人気だった山田を競り落とすと最終2角からまくりを放ち、番手から追い込んだ成田の1着に貢献。自らも3着に粘って2場所連続の決勝切符を手にした。「(成田の)前を回ると言った以上は、しっかり頑張らないと。最後は脚がいっぱいだったが全て自分にいい方に流れが向いてくれた」と満足そうに振り返った。決勝(11R)も成田の前で「流れで何でも」。自在戦で器用に運び、持ち味を発揮する。