ニュース

【名古屋FⅠ最終日12R】嵯峨 手応え十分

 嵯峨が自慢の快速を発揮してS級決勝一番乗りを決めた。準決10Rでは窓場にフタをして、打鐘の2センターで鋭くカマすと、一気に後続を突き放して快勝した。「踏んだ感触はすごく良かった」。初日は久しぶりに外で自転車に乗ったこともあってトーンダウンだったが、準決でも結果を残して確かな手応えをつかんでいる。意外にもS級では優勝はないが「前々に行けばチャンスはあると思う。昔はそれがなかった」。経験値を増した現状ならS級初Vも十分狙える。大一番(12R)でも自慢のスピードを発揮して躍動する。

KEIRINスポニチ ファン必見!
最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、記者コラム、ガールズケイリンなど無料で見られる情報が満載。そのほか、お得なキャンペーンも。

×