ニュース

【弥彦GⅠ決勝】新田 2着失格で背水

 グランドスラム達成ならず…。新田は最終2コーナー番手捲りからバック線を先頭で通過。最後は真後ろに切り替えてきた平原との伸び比べとなったが、外にけん制を入れた際に中割りしてきた諸橋を落車させてしまい2着失格(斜行)に。「残り2周から新山君が全開で駆けたし、ゴール勝負まで体力が持たなかった。悔しい」と最悪の結末に肩を落とす。それでも「グランドスラムを意識したことでモチベーション高く決勝まで勝ち上がれた。(GPへは)もう優勝しかない。気を引き締めて」今年最後のGⅠ競輪祭に照準を合わせた。 

 ▼大槻寛徳(2着)自分の着よりも、レース内容がひどかったので…。
 ▼菅田壱道(3着)全て自分のせい。前2人の洗練されたダッシュに付き切れなかった。脚力不足。
 ▼山田庸平(4着)内に行って終了。いつもの悪い癖が出てしまった。
 ▼野原雅也(5着)もっとやりようがあったかな…。何もできなかった。
 ▼吉田拓矢(6着)赤板で出切れると思ったけど…。新山さんが強かった。でも平原さんが勝ってくれて良かったです。
 ▼新山響平(7着)焦って噴かし過ぎた。最終バックすぎまで持っていれば…。セッティングをいじったのもマイナスに出た。
 ▼諸橋愛(88着※落携入)狙って勝負した結果なので。また頑張ります。