ニュース

【日本競輪選手養成所卒業式】91人が巣立ち

 日本競輪選手養成所の117期(男子70人)、118期(女子21人)の卒業式が24日、静岡県伊豆市の同所で行われた。例年なら家族や親族が見守る中、和やかなムードで行われるが、新型コロナウイルス拡大防止のため卒業記念レースと同様に関係者のみでの実施。声援や拍手はなく淡々と式典は進行した。それでも式後には最後の儀式である恒例の帽子投げが行われ、選手候補生たちは卒業の喜びを爆発させていた。今後は25日に選手登録され、5月下旬にスタートする「ルーキーシリーズ2020」でプロデビューする。