ニュース

【松山FI初日11R】松岡辰 再び浮上

 S級予選11Rで人気を集めるのは117期の新鋭・松岡辰泰だ。5月に名古屋でS級初Vを飾り急上昇。次の久留米は「調子に乗ってしまった」ためか予選で敗退したものの、近況は「感じは良くなっています」と、積極的な走りで結果を残している。今回へ向けても「追い込んで練習してきました」と手応え十分。松山はS級2場所目に走り、3日間最終バックを取り「走りやすい」と好印象。島田、屋良のガードは心強く、ガッチリと主導権を握る。