ニュース

【松山GⅢ最終日12R】稲川 松浦の番手

 現在2班の稲川は予選スタートだったが、2勝を挙げ決勝へ進出。準決は3着だったが、目標の柴崎が不発ながら鋭い決め脚で直線突っ込んだ。「道中で離れたんで…。まぐれ感しかないです」と実戦には不満顔だった。決勝のメンバーが決まって松浦マークを宣言。「レースで見習うこともあるし、すごく興味がありました。付いてみたかった」。決勝は松浦にぴったり続いてゴール前は好勝負を演じたい。