ニュース

【松戸FⅠ初日12R】堤 新車に手応え

 競輪祭組が不在の今松戸シリーズの特選12Rは〝古豪〟が顔をそろえた。シャープなまくりを武器に全盛期は「タイトルに最も近い男」と呼ばれた堤もその一人だ。
 
 今年は優勝こそないものの差し脚は健在。2場所前から太田竜馬(徳島、109期)と同じサイズの新車に乗り始め「重いけど直線で伸びる。悪い感じはしない。調子は変わらず普通だし、あとは33バンクでどうか」と手応えをつかんでいる。初日は西日本連係で川村をマーク。大舞台でしのぎを削った伏見、新田を相手に白星奪取で勢いに乗りたい。