ニュース

【松戸FⅠ最終日10R】嵯峨 単騎で一発

 初日特選で3着に入ったアドバンテージが大きく、嵯峨が準決3着で決勝に駒を進めた。「しっかりバックを取る競走をするつもりだった。自分にしてはめちゃくちゃ踏む距離が長くあまり踏み直しもできなかったけど、何とか3着に粘れて良かった」と振り返った。

 決勝はラインができるのは地元勢と神奈川勢だけで3人が単騎になる細切れ戦。「一発を狙うイメージで攻めたい。これまで単騎で戦った時はうまくいかないことが多かったので」と話し、優勝を狙っている。