ニュース

【松戸FⅠ最終日10R】篠崎 地元Vへ意欲

 地元の篠崎が松戸2日目快勝で決勝に駒を進めた。初日はまくった細田に飛びつき2着だったが「400バンクの感覚で走ってしまった。もう少し早めに追い込まないと」と反省した。細田と再戦したこの日は打鐘2角3番手からスパートし、まくり1着。「細田さんの動きを見ながら先に仕掛けられた。地元の声援に応えられてうれしい」と笑顔がはじけた。

 

 勝てば13年以来の当所Vとなるが「絶対女王がいるけど、胸を借りるつもりでベストを尽くしたい!!」と意気込んだ。