ニュース

【松戸GⅠ4日目11R】新田 2着も内容抜群

 新田の今年初戦(松戸10R)は2着。「ワクワクしていた反面、だいぶブランクがあったので不安というか緊張があった」と語るものの、レース内容は抜群だった。

 

 赤板で前を押さえた山崎を、すかさず叩いて打鐘前から先行。ホームで3番手から巻き返しにかかった山崎をきっちりと合わせて再度一本棒へ。最後は4番手からまくり追い込んだ中川に屈したが「初戦にしてはいい走りができた。先行も(ナショナルチームの)練習よりは苦しくなかった」と表情は明るい。

 

 4日目のゴールデンレーサー賞へまずまずの手応えをつかんだようだ。