ニュース

【松阪FⅠ最終日12R】桐山 連続Vだ

 前回の防府では約5年ぶりのGⅢVを決めた桐山が堂々と松阪決勝進出を決めた。連日、強気な組み立てから好位を確保してシャープにまくっていて、タテヨコの動きは軽快そのもの。「初日も2日目も(外併走で)苦しい展開の中仕掛けられているし、引き続き調子はいいですよ」と手応えはバッチリ。12R決勝は攻め果敢な藤根と、中部をけん引する伊藤がいて激しいバトルも予想される。組み立てのうまさとレースの読みにはたけている。最低限中団をキープし、さえ渡るタテ脚を発揮して連続Vだ。