ニュース

【福井GⅡ最終日12R】高橋 大仕事の予感

12R⑧高橋晋也 準決勝10R、打鐘3角で他の自力選手を警戒しながら主導権を握る。最終ホームからまくってきた郡司を止めた佐藤の好アシストも受け、原田の強襲はあったが2着で初のビッグレース決勝進出を決めた。
 「郡司さんが来たのは分からなかったです。ガムシャラに踏んでいきました。調子は良かったです」
 初日、2日目、準決勝と総て先行での勝負に「しっかり見せるレースで勝ち上がれています」と胸を張る。
 初日1Rの1番車で、前検日から注目を集めていた。その場で「目標は優勝です」言い切った。これは自らを鼓舞するためで「言っとこうと(笑い)。正直、決勝まで上がれるとは思わなかったです」とうれしい誤算だった。
 スピードスケートから高校の先輩・武田豊樹を追って競輪界入り。そしてナショナルチームに所属と王道を歩む。大仕事の予感十分だ。(緒方 泰士)