ニュース

【西武園GⅠ最終日決勝】単騎・松浦 不発

 単騎で大胆不敵な攻めに出た松浦が2着。残り2周前から寺崎と新山が先行バトルの火花を散らし始めると、内からスルスル追い上げて打鐘では逃げた寺崎後位へ。2角から番手捲りを放ち最終コーナー先頭もラストは脇本のハイスピードに屈した。「内は空くと思った。古性君がどれだけ空けるか次第だった。単騎なりのレースはできたが、捲る時に寺崎君と当たったのが痛かった。欲を言えば吉沢さんについてきてほしかった。ラインがあれば…というのもあるし単騎でいいレースはできた」と胸を張った。

▼守沢太志(3着)松浦君が内へ行って北日本勢にはいい流れだった。やるべきことはやったが力不足。
▼古性優作(4着)松浦君がクレバーだった。自分の技量不足。1コーナーで大バックを踏んだのがキツかった。
▼新山響平(5着)2周半で行ったがやっぱり突っ張られた。
▼小松崎大地(6着)ハイペースのレースでスピードの差、力の差が出た。
▼吉沢純平(7着)松浦君があの作戦をとるとは思わなかった。自分にあの作戦はなかった。
▼成田和也(8着)ラインとしてはいい組み立てができた。ハイスピードでいっぱい。バックを踏む形でキツかった。
▼寺崎浩平(9着)突っ張ってみんなの脚を削る仕事はできた。

×