ニュース

【記者コラム】チームJAPAN今日出陣‼

 東京五輪で日本勢のメダルラッシュに沸く中、東京都の1日の新型コロナ感染者は3000人を越えた。全国でも1日1万人単位に推移。第5派が大波になって列島をのみ込もうとしている。
 
 競輪界でも各地でレースカットが頻発など、コロナの影響はどんどん拡大している。今月10日には第64回オールスター競輪(GⅠ)がいわき平競輪場で開幕。1日2000人の有観客開催を予定しているが、福島県は東京五輪でも急きょ無観客開催に変更。今後の感染状況次第ではオールスターも直前で無観客に切り替わる可能性も。事前抽選に当選したファンの皆さまもホームページ等を小まめにチェックしていただきたい。
 
 ただ新生活様式が定着した現在なら、よほどのことがない限り開催自体がなくなることはない。競輪ファンの、競輪ファンによる、競輪ファンのためのオールスター競輪は、GⅠでは一番のお祭り。選手たちも、ファンへの恩返しという意味合いを強く持って走る夢舞台。なくなっては困る。
 
 最後になったが、きょう4日の男子スプリントに脇本雄太と新田祐大、女子スプリントに小林優香がチームJAPANの先陣を切って登場する。自分たちの血と汗と断固たる決意が染み込んだ伊豆ベロドロームで力の全てを出し切ってもらいたい。そしてメダルの有無にかかわらず、最高の笑顔でオールスターのドリーム戦に凱旋してほしい。それが競輪ファンの思いだ。
 
 写真は近畿地区の選手たちが脇本雄太のために寄せ書きした日本国旗。脇本の力になることを祈る。(岡田光広