ニュース

【記者コラム】西武園GIデータ予想は三谷復活V

 二刀流記者としてビッグレースで挑戦している競馬的データ予想。今回も、11日に3日目を迎える西武園オールスターでトライする。2着でも賞金2767万円。そろそろ意識してくるGPに向けても超重要な一戦だ。過去10年のデータから導かれた優勝者は…。

 ①地区 優勝者が出ている地区は北日本、関東、近畿、中国の4地区。南関東、中部、四国、九州は近年苦戦している。

 ②年齢 29歳は単独で3勝とトップ。ただ、33歳、34歳が2勝ずつ。10年の優勝者平均年齢も33・4歳。選手としても脂が乗った世代が活躍している。

 ③G実績 記念Vは必至。さらにGⅠで複数回の決勝経験も重要だ。16年岩津、18年脇本、21年古性がGⅠ初Vだが、それまでに舞台慣れがあった。

 ④完全V 近年、無傷の戴冠はない。18年の脇本でも初日は7着と土が付いている。まして、昨年からは8月ナイター6日制。猛暑の夜に5走するため難易度はさらに高まった。ちなみに第1回からさかのぼれば63年(第8回)高原永伍、87年(第30回)滝澤正光、89年(第32回)坂本勉、98年(第41回)山口幸二と4度の完全Vがある。

 以上の条件に当てはまるのは三谷竜生(34=奈良)のみ。GPとGⅠ3勝の〝近畿の竜〟が復活のVへ。データが後押しする。

 ◇渡辺 雄人 (わたなべ・ゆうと)1995年(平7)6月10日生まれ、東京都出身の27歳。法大卒。18年4月入社、20年1月からレース部・競輪担当。今年から中央競馬との二刀流に挑戦。愛犬の名前は「ジャン」。ビッグレースの車券戦術は3連単の3着はケチらず流すこと。

KEIRINスポニチ ファン必見!
最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、記者コラム、ガールズケイリンなど無料で見られる情報が満載。そのほか、お得なキャンペーンも。

×