ニュース

【豊橋GI】検車場から(7日)

7日10・30 ヤンググランプリ以来の出走となる松井はナショナルチームで切磋琢磨(せっさたくま)。「カーボンフレームで練習しているが、踏むことは変わらないので」と久々の競輪にも、不安はなさそう。
10・35 原田は今年早くも2V。「7月で(選手生活)10年たつので、そこまでに400勝したい」。明確な目標を掲げ、大舞台でも躍動の予感。
10・55 ホームバンク唯一の参戦は金子。今大会の目標を聞かれ「一戦一戦ですね」。言葉こそ少なかったが、目を光らせ静かに闘志を燃やしている。
11・00 GⅠに初参戦の黒沢は「GⅠで走りたかったのでうれしい。緊張はまだない」と大舞台でも臆することなく攻めていくか。
11・05 宇都宮では大敗を喫した柴崎。「前回は右背筋を痛めたけどもう大丈夫!!今回は3連9(着)しないように」。気を引き締め前回からの巻き返しを誓った。
11・45 初日特選の共同インタビューが開始。トップバッターの清水は新春記念Vと幸先いいスタートを切った。「グランプリの疲れはあったけど、立川で優勝できたし自分の成長を感じた」
12・15 昨年の当大会でGⅠ初優出を決めた松浦は「今年は前半戦でグランプリ出場決めたい」。記念連続Vの勢いのまま、全日本選抜制覇も夢ではない。
12・55 共同記者会見ラストは浅井。「応援してくれるファンのために精いっぱい頑張りたい」と力走を誓った。