ニュース

【青森決勝】隅田GⅢ初優勝

 青森競輪「第11回国際自転車トラック競技支援競輪」は14日に決勝戦が行われ、隅田洋介(32=栃木、107期)がGⅢ初優勝を飾った。
 
 レースは蒔田―山賀―渡辺―鈴木―朝倉―長島―隅田―伊早坂―山下で周回。残り2周から伊早坂―山下が上昇すると鈴木―朝倉が蒔田を斬り前へ。打鐘前から伊早坂―山下が駆けると鈴木―朝倉―蒔田―山賀―渡辺―長島―隅田で続く。最終H前から蒔田が巻き返すが伊早坂も全開で踏んで蒔田は不発。最終2角から長島―隅田がまくると3番手の鈴木―朝倉も合わせてまくる。最終4角から鈴木―朝倉と外の長島―隅田で直線勝負になり隅田が外を伸びて優勝。隅田は「長島君に全部任せていた。長島君とは一緒に練習もするし強さも知っている。今回も二次予選で連係していたし長島君を信頼していた」と前を任せた長島に感謝した。
 
 隅田は15年7月にプロデビュー。「先行にこだわって戦っていたが(ここ最近は)勝ちにこだわるレースも増えてきた」と対戦相手次第で戦法に幅を持たせてきている。そんな中で、今回はS級初めての決勝戦に進出。そして〝一発ツモ〟でGⅢ優勝を飾るという勝負強さも持っている。
 
 この優勝でGⅠ競輪祭(11月小倉)の出場権利を獲得したが、来期(7~12月)はA級に陥落する。「せっかくGⅠの出場権利を手に入れたから7月からは(3場所連続完全優勝で)特別昇級できるように頑張ります」と競輪祭出場という目標に向けて一戦一戦に全力投球する。
 
 ♤隅田 洋介(すみだ・ようすけ)1987年(昭62)8月21日生まれ、岡山県出身の32歳。法大卒。15年7月プロデビュー。通算成績は414戦109勝。1㍍70、76㌔。血液型A。
 
◆次走斡旋 優勝した隅田洋介と2着の鈴木庸之は19~21日の川崎FⅠ、3着の長島大介は27~30日の取手記念に出走予定。