ニュース

【青森FⅠ2日目7R】出口 前々で巻き返す

 青森初日7Rでプロデビューした出口倫子(いでぐち・みちこ)は4着。車券に絡むことはできなかったが外併走を苦にせずレースの流れにしっかり乗った。「凄く緊張しました。(1着の)尾崎睦さん、(2着の)奈良岡彩子さんが強くて必死に追走。最後まで諦めず差しにいけた」と納得の表情で振り返った。
 
 小学校時代はサッカーに励み、五島高ではトライアスロンに青春を捧げた。「幼い頃からスポーツに興味があり、その中でも競輪のスピードに魅力を感じた」。長く踏み続けられる地脚がストロングポイント。狙い通りの位置が取れれば上位に食い込む力は十分に秘めている。
 
 2日目の出番は7R。「相手の動きをしっかり見て、状況に応じて前々へ走りたい」と巻き返しを誓った。