ニュース

【静岡FⅠ最終日10R】菊池 心技体充実

 地元の菊池が不動の中心を担う。静岡昨6Rは前団のもつれをよそに冷静に後方待機。「(番手の)佐藤(和典)さんが〝落ち着いて行けるタイミングでいいから〟と言ってくれたし、のびのび走らせてもらった」と最終2角7番手から踏み上げると後続を7車身ぶっちぎる圧巻の内容だった。

 

 前回宇都宮から中22日で迎えた地元戦で「ここに向け脚もそうだけど気持ちを高めてきた」と心技体全て充実。1・2班戦では昨年11月の宇都宮以来2回目、地元ではチャレンジ時代の昨年1月以来のVを決め、メインの渡辺雄太につなぐ。