ニュース

【静岡KEIRINグランプリ】検車場から(28日)

 28日8・30 朝の指定練習。GP出場組では村上兄弟をはじめ、武田、新田以外の7人が風が吹く静岡バンクの感触を確かめる。
 11・53 GP初出場の清水が報道陣に囲まれる。「(GPの)実感はまだないです」とリラックスした様子。
 12・00 寺内大吉記念杯からは3R。ナショナルチーム・河端の番手を回った三宅が差し切り1着。「80%ちぎれる」と前検日に話していたが、「自分が遅れたのをばたやん(河端)が待ってくれたね。120%くらいの感じで追いかけた」
 12・55 5R終了後、ガールズGPの特別選手紹介がバンク内で行われる。地元の鈴木美が「今年一番の声援をどうかよろしく」と呼びかけると場内から大歓声。
 13・45 脇本が持参したこだわりのコーヒーを井上茂徳、小橋正義の両氏に振る舞う。井上氏は「渋みのある味。脇本も渋いレースをやるのかな(笑い)」
 13・50 ヤングGPの公開練習。
 15・25 9R。佐野が通算400勝を達成し「年内にやるつもりでいたので」と笑顔。
 15・32 真剣な表情のガールズ・梅川がローラーで最終調整。
 16・38 11RガールズGPは児玉が悲願の初V。にらみ合いの中、果敢に風を切った高木は「過去2回のGPは自分から仕掛けられなかったので」とすがすがしい表情。連覇を逃した石井寛は「来年、7回目(の出場)を狙う」と照準を定める。
 17・15 夕方の指定練習。新田がゆっくり自転車を走らせる。