ニュース

【高松FⅠ最終日11R】梶田 持ち味生かす

 高松2日目6R(ガールズ)で梶田舞が最終ホームからのスパートで後ろに付いた地元の川田を振り切り押し切った。レース後は「重かったです。めっちゃ詰められているのは分からなかった」と振り返る。ガールズグランプリ出場が途切れ、休んで自分の走りを見つめ直してきた。来年へ向けて競走の幅を広げるために早い仕掛けも意識する。「先行は無理(笑い)」と話すが、持ち味のシャープな立ち回りに、長い踏み込みが加わればグランプリ出場はぐっと近くなる。決勝11Rは尾崎を封じる走りなるか注目だ。