ニュース

【高松GⅢ最終日6R】鈴木 先行も考え

 <高松6R>鈴木謙太郎は前回大宮記念は決勝進出は逃したが、2勝を挙げるなど気配は上々。特に最終日は竹内雄のカマシに飛び付き一気に抜け出すなど自在性も発揮した。「突っ張るつもりが飛び付きになりました。最近はダッシュが悪くなってきているので、中団より前で戦うようにしています」。今までのように簡単に引くようなレースにならないよう心がけている。6Rブロックセブンは宮本―荒井が強力に映るが、力で対抗できるのは鈴木しかいない。「宮本君をすんなり駆けさせては苦しいので先行も」。前々と攻めて勝機を狙う。