ニュース

【高松GⅢ最終日12R】野口 波乱呼ぶぞ

 <高松12R>準決12Rは打鐘3半の落車を避けた野口裕史が、追いついた勢いでホームからグッと加速。松浦のけん制を乗り越えて強引にまくり切った。切り替えた松浦に一気にかわされたが3着で決勝へ進出。「松浦さんの強さを実感しました。目があって、こないでくれ~って(笑い)」。それでも二次予選の反省を生かして仕掛けた脚勢は野口本来の迫力があった。記念決勝は昨年6月の取手以来となるが、その決勝戦では果敢に主導権を奪い力を出し切った。松浦をはじめ強敵相手だが、自慢の馬力先行で波乱を呼ぶ場面は十分ある。