ニュース

【高知FⅠ最終日11R】初のS級決勝 三登手応え

 高知準決勝10Rは三登は最終ホームで金子に叩かれたが3番手を確保。鋭く追い込み2着で決勝進出を決めた。「後ろに2人が付いていたので仕掛けたかったです」とラインで決めることができなかったので喜びも半分といった様子。ただ、自身はこれが初のS級決勝進出となった。「今まで負け戦ばかりで勝っていたので」とこの時ばかりは笑顔を見せる。

 

 2場所前の和歌山記念では負け戦ながら2勝と復調の兆しはあった。「動いて展開はつくれています」と手応えは上々。初のS級決勝で無欲の一撃が波乱を呼ぶ。