ニュース

【GⅢ高松記念決勝】完全V松浦 今年記念2勝目

 松浦悠士(29=広島)が完全優勝で、今年早くも記念2勝目を挙げた。松浦は今年1月の和歌山以来、記念5度目の制覇となった。
 
 レースは斎藤がスタートを決めて菊地―斎藤―松浦―村上―中川―野口―和田―松本―久米で周回。打鐘で松本が前に出ると野口が鐘4角からカマして主導権を奪い取る。松浦が素早くスイッチして3番手を追走して最終ホームを通過。最終2角で松浦がまくると後ろの村上が離れるほどのスピード。村上の後ろから中川がまくり上げたが松浦は4車身引き離して圧勝。逃げた野口の番手から和田が伸びて3着を確保した。
 
 〝松浦時代〟を思わせる4日間の走り。記念2度目Vと最高のスタートに「和歌山は予選で1着がなかったけど、今回はしっかり完全Vができた」と白い歯を見せる。「斎藤さんがスタートで行ったのを見て発走機で思いつき、付いて行った」と好位3番手を追走。「最終的に野口さんの後ろに」という思い通りの展開から強烈なまくりを繰り出した。今シリーズは番手戦で3連勝、決勝で初めて自力で戦ったが「動いてなかったからうずうずしていた」と〝うっぷん晴らし〟。
 
 「グランプリを除くと4連続優勝(笑い)。脚の仕上がりは良かったし記念だけでなくGⅡ、GⅠでも結果を残して今年のグランプリでも結果を残せるように。ナショナルチームと対戦する前にもっと成長して今後は戦えるようにしたい」
 
 今年最初のGⅠ全日本選抜へ向けて最高の弾みをつけた。目標の「GP優勝」へ松浦の勢いは止まらない。
 
 ◆次走 優勝した松浦、2着の中川、3着の和田はGⅠ全日本選抜(8~11日、豊橋)に出走予定。