ニュース

【12日から松山競輪場GⅢ開設70周年記念「金亀杯争覇戦」】

 松山競輪場で行われるGⅢ開設70周年記念「金亀杯争覇戦」(12~15日)のPR隊が4日、東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪れた。
 
 平原康多、村上博幸、松浦悠士、中川誠一郎のSS4戦士が参戦。四国勢では太田竜馬が腕をぶし、地元戦士は昨年ヤンググランプリを制した松本貴治や昨年覇者の渡部哲男、浜田浩司らが牙を研ぐ。キャンペーンガールの國枝みゆきは「四国勢は強いですが、同じ広島出身の松浦選手がイチ推しです」とほほ笑んだ。
 
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため現在競輪は無観客で開催中だが、12日からの今開催では観客を入れ、本場、場外、サテライトの車券発売も再開予定。イベント・ファンサービスは自粛するものの、インターネット投票では総額200万円のキャッシュバックキャンペーンも実施する。売り上げ目標は50億円。