ニュース&記者コラム

【23年優秀選手表彰式典】MVP古性 「期待越えていきたい」 ガールズMVP水菜 メダル宣言

 競輪の23年優秀選手表彰式典が14日、都内ホテルで故寛仁親王の長女・彬子さまがご臨席のもと、ファン・関係者ら約300人を集めて盛大に行われた。表彰式の開催は新型コロナウイルスの影響で中止が続いていたため、4年ぶりの開催。

 史上6人目となるGⅠ年間3勝を挙げ、最優秀選手に輝いた古性優作(32=大阪)は特注のチャンピオンブレザーに袖を通し「最優秀選手賞に選んでいただき、大変光栄です。これからも一走、一走全力で頑張ってファンの皆さまの期待に応える以上に、越えていきたいと思っています」とはにかんだ。

 また、GPを制し賞金王となり、優秀選手に選出された松浦悠士(33=広島)は今年の目標について「昨年はケガもあったので、今年はケガをしないようにしっかり1年間いい成績を残せるように、タイトルを目指して頑張ります」と決意表明。なお、児玉碧衣と神山雄一郎は体調不良、国際賞を受賞した太田海也と佐藤水菜以外の8人は、アジア選手権に向けたトレーニングのため表彰式を欠席した。

 GⅠオールガールズクラシックとガールズGPを制し最優秀選手に選ばれた佐藤水菜(25=神奈川)は「大変光栄です。この賞を励みに全力で精進していきます」と感謝。今年はパリ五輪での金メダル獲得が最大のターゲットとなる。「まずは国内選考があるので、しっかり勝ち抜いてオリンピックの出場枠を勝ち取り、メダルを持ってガールズケイリンに帰って来たい」と力強く話した。

KEIRINスポニチ ファン必見!
最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、記者コラム、ガールズケイリンなど無料で見られる情報が満載。そのほか、お得なキャンペーンも。

×