ニュース&記者コラム

オールスター勝ち上がりシステムと選考基準

 優勝まで5走

 

 昨年のいわき平から04年以来17年ぶりの6日間制で、今年もナイター開催で行われる。勝ち上がりは競輪祭と同じでポイント制。

 まずは3日間でドリームレース、オリオン賞、一次予選を2走しポイント上位者9人が準決フリーパスとなるシャイニングスター賞に進み、10~63位までが二次予選に進出する。

 準決はシャイニングスター賞の9人と二次予選3着までの18人。決勝へは準決3個レースの3着までが駒を進める。優勝までに5走することになる。

 また、二次予選に進めなかった選手はポイント64~99位は4走、100~135位は4、5日目までで3走して帰郷となる。

選考基準

 参加選手数は135人(補欠8人)で選考期間は21年12月~22年5月の6カ月。開催時S級在籍者から以下の基準で選抜される。

S級S班在籍者
開催時S1で過去3回以上優勝した選手(神山雄一郎=93、97、99、04、05年)
東京五輪自転車競技トラック種目代表選手
上記①~③で選抜された選手を除くファン投票上位50人
上記①~④で選抜された選手を含む平均競走得点上位125人(同点の場合は賞金獲得額上位者)
選考委員会による推薦で10人を選抜

KEIRINスポニチ ファン必見!
最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、記者コラム、ガールズケイリンなど無料で見られる情報が満載。そのほか、お得なキャンペーンも。

×