ニュース

女王ジャッカル優香 今日オッズパーク杯ガールズGP

 脇本、新田に負けない!ナショナルチームで培った強じんな脚力を武器に、小林が15年以来となる2度目のグランプリ制覇を狙う。
 
 「(ナショナルチームの)ブノワコーチに小倉は狙って獲ってこいと言われた。競技がメインで出走本数が少ない中、ワンチャンスをものにできたのは大きい」。小倉のTRで優勝してグランプリ切符を射止めたその3日後に香港へと飛びワールドカップに出場と忙しい日々を送るが、充実した競走生活に「疲れはない」と話す。今年は3月の大垣ガールズコレクションで児玉を破りV。4月の伊東トラック支援ではグロ、ファンリーセンの海外の強豪をねじ伏せた。8月の名古屋ガールズコレクションで石井寛、児玉の3着に敗れた以外は12戦11勝と圧倒的な戦績を誇る。
 
 中間はいつも通り伊豆でトレーニングを積んできた。「練習で乗っているカーボンフレームとグランプリで乗るフレームは全く別物。でも、ずっとやってきているので乗った感覚などは頭に入っているので特に問題はない。判断を誤らず行けるところからしっかり仕掛けて」。立川の長い直線を先頭で駆け抜ける。