ニュース

広島「第41回芸州鯉城賞 スポーツニッポン杯争奪戦(FⅠ)」決勝 無敵パーキンス 完全V

↑広島競輪のマスコット・ぴーすけとパーキンス

 

 広島競輪の「第41回芸州鯉城賞 スポーツニッポン杯争奪戦(FⅠ)」は21日11RでS級決勝戦があり、シェーン・パーキンス(32・ロシア 国籍はオーストラリア)がテオ・ボスを追走から直線鋭く抜け出し通算41回目のV。2着は地元の松浦悠士だった。

 

 打鐘前にボスが強烈ダッシュでスパート。日本選手はパーキンスの位置に飛びつけない。この時点で勝負は決まった。最終バックでは古性優作がまくり松浦が続く。いいスピードだったが、パーキンスは2番手から余裕十分にゴールを先頭で駆け抜けていた。

 

 「強いボス選手にしっかり付いていくことを考えていた。あとは日本人選手に抜かれないようにと。10年ぶりに広島で優勝できてよかったです」

 

 2年ぶりの来日で、前検日前日の深夜にオーストラリアから到着と不安もあったはずだ。しかし、レースではそんな不安をみじんも感じさせない強さを見せつけ完全V。日本の競輪に完璧に適応する実力は健在だった。

 

 「父も出場(1964年)した東京五輪をロシアに移籍して目指します」

 

 競輪では外国人選手のエースとしてVを量産だ。(緒方 泰士)

 

 ♤シェーン・パーキンス> 1986年12月30日生まれの32歳。9回目の来日で獲得賞金は1億円オーバーと断然の実績を誇る。オーストラリアからロシアに所属を替えて東京五輪出場を目指す。