ニュース&記者コラム

引退村上義「心身共に完全燃焼」

 先月29日に現役引退を表明した村上義弘(48=京都)が5日、東京・板橋区の日本競輪選手会で引退会見を行った。村上は「競輪選手になって28年間、日本一の競輪選手を目指し、頑張ってきた。引退を決めた理由は燃え尽き、競輪選手として心身共に完全燃焼できたと思えたから。速くて、うまくて、強い、理想とする日本一の競輪選手にはなれませんでしたが、仲間、友人、家族、そして何よりも多くのファンの皆さまに愛されて誰よりも幸せな競輪人生を送れたと思います。本当にありがとうございました」とあいさつした。

 ラストランとなった9月12日の松阪FⅠ戦。「出走表を見たら連対率が0%。こんなことは初めて」。最終日の1着は「番手に飛び付いて抜いた。久しぶりに自分らしいレースができた。ずっと連に絡めずファンをがっかりさせてきた。これ以上、ぶざまな走りを見せ続けるのは良くない」。次の斡旋は毎年、特別な思いで参戦してきた地元の向日町記念。「出るか迷ったが、これが最後という気持ちがあるとレースに影響が出る。走るべきではないなと」。引退を決めたのは自宅へと帰る車の中。「帰ってすぐ妻に話した。突然のことでびっくりしていたが何も言わず〝お疲れさま〟とだけ…」。そう話すと、こみ上げる思いをこらえ切れず、数分間、黙り込んだ。

 思い出のレースは「多すぎて決められない」としたが、転機となったのが初のGⅢ優勝の00年向日町記念。「自分の番手は一緒に練習する松本整さん(引退)。ゴール前は自分を抜くために本気で体をぶつけてきた。あれから自分の甘さがなくなった」。今後については「全くの白紙。ゆっくりして家族孝行をしたい」。会見の最後には山口幸二氏と市田佳寿浩氏がサプライズで登場。村上に花束を手渡すとがっちりと抱擁してねぎらった。


 ◇村上 義弘(むらかみ・よしひろ)1974年(昭49)7月6日生まれ、京都府出身の48歳。73期。94年4月小倉デビュー。同月岸和田で初優勝。00年ふるさとダービー豊橋でGⅡ初優勝。02年に全日本選抜を制してGⅠ初優勝を達成。12年にグランプリ初制覇。16年には4度目の日本選手権Vを決めて、当大会最多タイの優勝記録に並ぶ。同年に2度目のグランプリ優勝を飾っている。通算成績は2236走655勝(GP2V、GⅠ6V、GⅡ5V、GⅢ35V、FⅠ18V、FⅡ25V)。主な獲得タイトルはグランプリ2回、日本選手権4回、全日本選抜、オールスター。弟は博幸(86期)。1㍍70、75㌔。血液型O。

KEIRINスポニチ ファン必見!
最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、記者コラム、ガールズケイリンなど無料で見られる情報が満載。そのほか、お得なキャンペーンも。

×