ニュース

【松阪GⅡ最終日】5着・郡司 自力を志向

 優勝した清水と人気を二分した郡司だが、目標の深谷が正攻法で叩かれ最終バック9番手。5着に終わった。郡司は「ワンチャン来るかなと思ったが、位置的に厳しくなった。引くのが遅くなりました」と振り返った。
 
 今後の深谷との南関連係について「(自分が)前で戦うのはまだまだ力不足なのかな。深谷さんが安心して番手を回れるぐらいのレースをしていかないとダメですね」と語り、自力勝負を志向した。