ニュース

7~9月開催は7車9レース制 GⅠ、GⅡを除く全て

 JKAは19日、競輪の7~9月開催についてGⅠ、GⅡを除いた全てのレース(GⅢ、FⅠ、FⅡ)を7車9レース制(FⅡモーニングの一部は7レース制)で行うと発表した。7~9月はGⅠが1節、GⅡが2節の予定なので、ほとんどの開催が7車9レース制の対象ということになる。GⅢの斡旋が従来の108人から63人になるなど、参加人数を減らすことで新型コロナウイルス感染拡大防止に必要な3密(密集・密閉・密接)を回避。選手の健康と安全を確保しながら公正円滑な開催継続の維持を目指していく。具体的には、GⅢが4日制、FⅠとFⅡが3日制で行われ、概定番組の組み合わせにより勝ち上がる。原則として、開催場の所在都道府県と近隣の選手を中心に斡旋するが、GⅠ、GⅡについては全国交流での実施となる。
 
 競輪では4月以降、全国で中止が相次いでいた。斡旋人数を減らせば、検車場や宿舎などで間隔を空けることが可能だ。クラスター回避を目指した今回の決断。開催継続への新たな試みに注目が集まりそうだ。